会社売却のステップ|情報収集を怠るなかれ

男の人

会社を譲渡するまでの流れ

オフィス

株式会社USEN

リーズナブルな価格で使えるタブレットレジを利用してお店の回転率を向上させよう。急なトラブルでもすぐに相談できますよ。

詳細な流れやポイント

会社売却のために株式譲渡などの方法で処分する際の流れやポイントについてご紹介していきます。まず、自社の取引先に直接売却する場合などを除き、会社売却をする場合、M&A仲介会社を利用するケースがほとんどです。従ってそのような仲介会社を利用する場合を想定した場合、概ね以下のような流れになります。まず、売り手となる企業のオーナー経営者は仲介してくれるM&A仲介会社の担当者と初回の面談をおこないます。この面談ではM&Aの概要や売却に至った経緯や現在の会社の状況などについて話し合われます。信頼と実績のあるM&A仲介会社が見つかれば、その会社と仲介契約を締結します。仲介契約が締結されると仲介会社は会社売却に向けて、買収候補となる企業を探し始めます。この際、売り手側の企業から提出された企業情報などを基に匿名で「ノンネームシート」が作成され、提示されます。次に興味をもった企業が現れたら、売り手側企業と買収候補先企業との間でトップ会談がおこなわれます。この会談ではお互いの企業文化や将来の事業のビジョン、さらに買収条件などについての話し合いがおこなわれます。上記のトップ会談で話がまとまった場合、互いの企業は意思確認のための「基本合意書」を締結します。この合意書上では具体的な譲渡金額、譲渡時期、役員や従業員の処遇、解除条件などが盛り込まれています。基本合意書の締結後、買収候補先企業は譲渡希望する会社から入手した情報を確認したり、財務内容をより正確に把握するための買収監査手続きに入ります。この買収監査の結果を検証し、諸条件を調整すると最終契約となります。最終契約を締結後、その契約条項にしたがって譲渡金の支払いや事業の引き継ぎなどがおこなわれ、会社売却に関する手続きが完了します。

介護士と老人

フィット&デイサービス

樹楽では、「フィット&デイサービス」を行っています。3時間のフィットネス型デイサービスに、家族的なお泊りデイサービスをプラスしたサービスです。樹楽では、このフィット&デイサービスをはじめとする事業の説明会を実施しています。

ビル

海外に進出しよう

インドネシアに会社設立をする場合、専門コンサルティング会社のサポートを受けましょう。そうすることでスムーズに手続きを済ませることができます。また、設立後のサポートも行なっているコンサルティング会社もあるので、依頼する際にはアフターサポートもチェックしておきましょう。

車椅子

介護事業の起業支援

介護24は介護事業者の安定運用実現のため、様々なサポートを行っています。介護業務の経験や実績がまったくない方でも、安心して事業に取り組むことができます。介護事業を目指している方は、一度確認しておくといいでしょう。