会社売却のステップ|情報収集を怠るなかれ

婦人

海外に進出しよう

ビル

最近、海外進出を検討している企業が増えています。その中でも、インドネシアは注目されている国です。なぜ、注目されているのかというと、まず挙げられるのが経済成長が著しいということです。また、人口の多さも挙げられます。人口が多いということは、人材不足に悩まなくて済むと言えるからです。このインドネシアに会社設立をする場合、3つのパターンに大きく分けることができます。それは、現地法人・支店・駐在員事務所です。また、現地法人として設立する場合には、内資法人と外資法人に分けることが出来ます。なので、どのようなスタイルで会社設立をするのかよく検討して設立しましょう。実際に会社設立をする場合、現地サポートが必要になります。日本と同じアジア諸国といえども、言葉の壁やビザ申請などの様々な手続きがあり、現地のビジネスに通じていないとスムーズな会社設立が難しいのです。しかし、最近では、起業の海外進出をサポートしてくれるコンサルティング会社があります。インドネシアでの会社設立申請手続きや人材確保、通訳や翻訳なども行なっているので、総合的にサポートを受ける事が出来ます。また、中にはインドネシアに進出した後のサポートやアドバイスを行なっているコンサルティング会社もあるので、よく検討して依頼しましょう。進出後にも手厚いサポートを受けることが出来る会社に依頼をすれば、安心してインドネシアでの会社設立を行なう事ができます。